展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 【過去の展覧会】水野コレクション「冬展『煌めく世界 ― 金と銀 ―』」

過去の展覧会

水野コレクション「冬展『煌めく世界 ― 金と銀 ―』」
2004年11月27日(土) - 2005年2月20日(日)

2004-06.jpg

夜通し降り続いた雪が止み、大地が朝陽を浴びた情景は、きらきらと白銀の輝きを放ち、神々しささえ感じさせます。その純真無垢な白さゆえ"高潔"という意味を持つ「雪」。日本画には、牡蠣などの貝殻を原料とする白色の顔料・胡粉をふんだんに使って真っ白に表現した作品もあれば、一切彩色せず絹や紙の白地をそのまま残して描きあらわした水墨画の作品もあり、画家たちは様々な手法で雪の色を表現しました。
一方、外の銀世界に対し、この時期の屋内は新年を祝うおめでたい金屏風で彩られてきました。今回は、期間中1月1日から31日までの一ヶ月間、新春特別展示として横山大観「松竹梅」など艶やかな金屏風の数々を展示いたします。
美術館の前庭に広がる雪化粧した日本庭園とともに、金と銀の煌めく世界をお楽しみください。


開館時間

9:30〜17:00(最終入館16:30)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月20日-31日

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※市内の小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※市内の小・中学生は、毎週土曜日無料

このページのトップへ

サイトマップ