展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 【過去の展覧会】水野コレクション「花を愛でる」

過去の展覧会

水野コレクション「花を愛でる」
2016年3月5日(土) - 4月10日(日)

2016_03_exhibition.jpg
春、桜の開花前線がニュースで報じられる度に、どこか心がはずんでしまうのは、日本人の性なのかもしれません。桜をはじめとして、季節の移ろいを華やかに、色とりどりに知らせてくれる花たち。例えば、切り花や庭の花というように直接に愛でる他、花は文学や歌の歌詞、またテキスタイルなどの模様として様々に親しまれており、私たちの生活のなかで、切っても切り離せない存在と言えます。そして、日本画でも「花鳥画」というジャンルが確立するほど、花は長く愛され続けてきたモチーフでした。
本展では、明治期の日本画壇で活躍した下村観山や横山大観をはじめとし、美人画の上村松園、鏑木清方、また現在、桜の画家として人気の高い中島千波など、館蔵品のなかから約60点をご紹介します。近代から現代にいたる日本画家の描いた花の表現に注目することで、画中に描かれた花の魅力に迫ります。



展示チラシPDFダウンロード 展示目録PDFダウンロード

同時開催

naga-no-glass presents
「花を飾る、花と暮らす―ガラス作品展示販売会―」


野池征永氏主宰のガラス工房「naga-no-glass(なが・の・ぐらす)」によるロビー展&販売会。
花をモチーフにしたガラスの小物や花瓶、春らしさを感じられる作品など、お気に入りを探してみませんか。
●期間:2016年3月19日(土) - 25日(金)
●場所:水野美術館 ロビー

野池征永(のいけ・まさなが)
1984年長野市生まれ。2007年北海道(富良野)のガラス工房スタッフとなる。2012年長野市ギャラリータカハシにて初個展「点景-始点-」。2014年長野市に工房「naga-no-glass」オープン。2015年長野県美術展入選。長野市在住。

開館時間

3月31日まで9:30〜17:00(最終入館16:30)
4月1日から9:30〜17:30(最終入館17:00)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※小・中学生は、毎週土曜日無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付添い1名は半額(要手帳提示)
※お着物でご来館の方は半額

このページのトップへ

サイトマップ