展覧会のお知らせ

ホーム > 展覧会のお知らせ【開催中の展覧会】水野コレクション「BIRD―やっぱり鳥が好き!」

開催中の展覧会

水野コレクション「BIRD―やっぱり鳥が好き!」
2016年6月11日(土) - 7月31日(日)

2016_06_exhibition.jpg

日本画の中に描かれた鳥を、じっくり見たことがありますか?
現在、世界でおよそ一万種が生息するといわれる鳥。たとえば日常で見かけるハトやスズメ、季節とともにやってくるツバメやハクチョウ。さまざまな色、模様、大きさの鳥たちが、私たちの周囲に暮らしています。さらに近年、インコやオウム、フクロウなどが、人々を癒す愛らしいペットとしても人気を高めています。
また、鳥は日本画でも季節を彩る存在として古くから親しまれてきました。伝統的な鳥、雄大な自然に舞う鳥、美しい羽をもつ鳥たちを、近・現代の日本画家たちはどのように描いているのでしょう。
本展では、花鳥画や風景画のなかに描かれた「鳥」に注目します。横山大観や菱田春草、そして "鳥の画家"と称される長野市在住の画家・羽毛田陽吉らの作品から、多様な鳥の表現をご覧ください。
鳥が好きな人も、そうでない人も、明治から現代までの日本画を通じて、鳥の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。


■□■展覧会の見どころ■□■
鳥の "表現" に加え "生態" にも迫ります。

絵の中の鳥について、その生態を紹介するミニコーナーを設置します。
作品の見方をすこし変えてみるきっかけにしてみませんか?
菱田春草の作品を9点出品!
春草は猫だけでなく、たくさんの鳥も描いています。
《芦に白鷺・柳に白鷗》や、《月下白鷺》《老松双鳩》など、数々の春草作品をお楽しみください。


展示チラシPDFダウンロード 展示目録PDFダウンロード

関連イベント

「特別講師によるギャラリートーク」

野鳥の専門家・本村健氏を迎え、展示室を巡りながら日本画に描かれた鳥についてお話して頂きます。運が良ければ、当館の日本庭園で野鳥が観察できるかも!?
●日時:7月9日(土)11:00 -
●場所: 水野美術館 ロビー・展示室
●申込: 不要
●参加費:無料(ただし入館料は必要)

本村 健(もとむら けん):中野市教育委員会事務局生涯学習課文化財係学芸員
1967年長崎県生まれ。2001年新潟大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了。博士(農学)。専攻は動物生態学。(財)日本鳥類保護連盟調査室研究員、中野市立博物館学芸員を経て、2015年より現職。国指定天然記念物「十三崖のチョウゲンボウ繁殖地」で研究と保全活動を行っている。

「学芸員によるギャラリートーク」
当館の学芸員と一緒に展示室を巡りながら、日本画に描かれた鳥について理解を深めてみませんか。
●日時:6月18日(土)11:00 -
7月30日(土)14:00 -
●場所:水野美術館 展示室
●申込: 不要
●参加費:無料(ただし入館料は必要)

開館時間

9:30〜17:30(最終入館17:00)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

休館日カレンダー

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※小・中学生は、毎週土曜日無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付添い1名は半額(要手帳提示)
※お着物でご来館の方は半額

このページのトップへ

サイトマップ