展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 【次回展】水野コレクション「美しき女性×愛しき生き物
―上村松園、伊東深水、下村観山、菱田春草」

次回展

水野コレクション「美しき女性×愛しき生き物
―上村松園、伊東深水、下村観山、菱田春草」
2017年6月6日(火) - 7月30日(日)

2017_06_leaflet.jpg 水野美術館は、キノコの総合企業「ホクト株式会社」の創業者 故・水野正幸が、日本画の奥深い世界に魅了され蒐集したコレクションをもとに、2002(平成14)年7月に開館した日本画専門の美術館です。水野氏亡き後もその遺志を継ぎ、集め続けた作品は、明治から大正・昭和の日本画壇を率いた巨匠たち、そして現在活躍する日本画家のものまで、500点を超える数となりました。
本展では、会期中に迎える開館15周年を記念して、水野コレクションの中でも人気の高さを誇る、見目麗しき美人画、そして花鳥画などに描かれた愛らしい生き物たちに焦点を当てて、選りすぐりの作品に個人蔵の特別展示作品10点を加え、およそ60点をご紹介します。
美しい女性像と愛しき生き物たちの描かれた作品のどちらも楽しみたい!というご要望にお応えし、15周年の感謝をこめてお届けするよくばり企画。上村松園、伊東深水、下村観山、菱田春草など巨匠たちの名画で、日本画の魅力をご堪能頂ければ幸いです。

■□■展覧会の見どころ■□■

◇個人蔵の名品10点を特別展示!

記念企画として、伊東深水「雪月花3部作」、横山大観《柳蔭童眠》など、普段なかなかお目にかかれない個人蔵の作品を特別展示します。

◇菊池契月《寧日》を初公開!
中野市出身の菊池契月(1879-1955)の6曲一双屏風《寧日》(ねいじつ)を初公開。
その他、近年新収蔵となった杉山寧《聚》(しゅう)を展示します。


関連イベント

水野美術館 開館15周年記念 ロビーコンサート
フルートとチェンバロの生演奏を日本庭園とともにお楽しみください。

出演:クラシック音楽キャラバン[飯島諒(フルート)、飯島未来(チェンバロ)]
日時:7月1日(土)14:00 -(45分程度)
場所:1階ロビー
料金:無料(要当日有効の入館券)
申込:必要(電話026-229-6333にて受付)
定員:50名程度
共催=一般財団法人 長野市文化芸術振興財団


学芸員によるギャラリートーク
日時:6月17日(土)、7月16日(日)※各回とも13:30 -(40分程度)
場所:展示室
料金:無料(要当日有効の入館券)
申込:不要


開館時間

9:30〜17:30(最終入館17:00)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※小・中学生は、毎週土曜日無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、  付添1名は半額(要手帳提示)
※お着物でご来館の方は半額

このページのトップへ

サイトマップ