展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 【過去の展覧会】水野コレクションII「風のゆらめき」

過去の展覧会

水野コレクションII「風のゆらめき」
2005年6月4日(土) - 7月24日(日)

2005-03.jpg
風を観る、名画の数々。
水野コレクションを『花鳥風月』に沿って展示しているシリーズ第2弾のテーマは『風』。
春夏秋冬に富む日本では、季節ごとに全く異なる風が吹きます。春は新緑の香りとともにさわやかな風、夏は時に木々をもなぎ倒すほどの荒々しい風。そして、秋の風には故郷を思い起こさせる哀愁が漂い、冬には寒さが身にしみる北風が・・・。
"風情"や"風流"など、趣のある様子を表す言葉には「風」にまつわるものが数多くあるように、私たち日本人は目に見えない風を独自の感性で楽しんできました。
画家たちも、豊かな感性で風をとらえ絵画の中に描き込みました。渓流の水しぶきとともに爽快な風が吹き抜けてきそうな川合玉堂「清湍釣魚(せいたんちょうぎょ)」、木陰のひんやりとした風に憩うインコの愛らしい姿にこちらの心も安らぐ山口蓬春「夏蔭(なつかげ)」。ゆったりと柳を揺らす涼風が描かれた菱田春草「芦に白鷺・柳に白鴎(あしにしらさぎ・やなぎにしろかもめ)」や伊藤小坡「美人納涼之圖(びじんのうりょうのず)」。そして、大画面にトルコの暑く乾いた風が漂う杉山寧「ケイ」など、今回の展覧会では風を感じさせる作品を展示いたします。
梅雨空のじめじめとした季節に、名画からさっと吹くさわやかな風は、観る人の心を清々しくさせてくれることでしょう。

開館時間

9:30〜17:30(最終入館17:00)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※小・中学生は、毎週土曜日無料
※障がい者手帳をお持ちの方は、入館の際提示で半額

このページのトップへ

サイトマップ