展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 【過去の展覧会】水野コレクション「美校四天王―大観・春草・孤月・観山―」

過去の展覧会

水野コレクション「美校四天王―大観・春草・孤月・観山―」
2006年7月8日(土) - 8月27日(日)

2006_05.jpg
日本画壇に、人生をかけて挑んだ熱き想い。

時は明治二二年、西洋の美術大学にならい、日本でも従来の流派や画題にとらわれない新しい日本画家を育てようと、東京・上野に東京美術学校(現 東京芸術大学)が開校しました。
この東京美術学校の記念すべき第一期生として入学したのが横山大観・西郷孤月・下村観山です。翌年には菱田春草が入学しました。文明開化以来、西洋画に押され気味だった日本画ですが、伝統に縛られず斬新な発想で描く大観・春草・孤月・観山らは日本画界の新星として注目を集め、「美校四天王」と称されました。四人は、美術学校を卒業した後も日本美術院を中心に活躍。惜しくも春草・孤月は志半ばで夭折しますが、大観・観山は第二次世界大戦後も日本画壇の重鎮として名作を残しました。
今回の展覧会では、美術学校を卒業したばかりの初期の作品から晩年の作品までを一堂に展示し、四天王と称された四人の偉業をご紹介します。近代的な日本画の創造に人生をかけて挑んだ男たちの熱い想いをご鑑賞下さい。

開館時間

9:30〜17:30(最終入館17:00)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※小・中学生は、毎週土曜日無料
※障がい者手帳をお持ちの方は、入館の際提示で半額
※お着物でご来館の方は半額

このページのトップへ

サイトマップ