展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 【過去の展覧会】水野コレクション「風景画 秋から冬へ」

過去の展覧会

水野コレクション「風景画 秋から冬へ」
2006年10月14日(土) - 12月3日(日)

2006_07.jpg 劇的な色彩の変貌、日本の秋と冬。

高く澄んだ空のもと、木々の葉が色とりどりに染まる秋の美しさは、四季の中でも格別です。やがて木枯らしが吹いて冬の到来を告げると、カラフルだった大地は一転、真っ白な雪に覆われ白銀の世界へと変わります。
今回の展覧会では、鮮やかな秋からしっとりとした冬の風景を描いた作品を展示いたします。
芸術の秋、あなたの心に残る名画を探しにお越しください。

◆名画との出逢い◆
奥田元宋「秋渓淙々」平成12年
「人は生まれながらにして身に付いた色がある。私の場合は、赤だったようだ。」奥田元宋はこう語り、赤にこだわって描かれた作品は「元宋の赤」」と呼ばれています。
オモテ面に掲載の「秋渓淙々」は、紅葉の名所・奥入瀬渓谷を描いています。元宋は、奥入瀬のスケッチをもとに、約2ヶ月かけてこの大作を完成させたといいます。縦2m横4mの大画面には燃えるような「元宋の赤」がふんだんに使われ、とても88歳の作とは思えないエネルギーに満ち溢れた作品です。


開館時間

9:30〜17:00(最終入館16:30)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※小・中学生は、毎週土曜日無料
※障がい者手帳をお持ちの方は、入館の際提示で半額
※お着物でご来館の方は半額

このページのトップへ

サイトマップ