展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 年間スケジュール

年間スケジュール

※展覧会名・内容・会期等は予告なく変更する場合がございます。予め、ご了承ください。

2021年1月2日(土) - 3月21日(日)

水野コレクション「彩りの樹木たち ―春草・玉堂たちと巡る四季のすがた」

冬枯れから青葉、紅葉まで、四季とともに変化する草木や葉の姿に焦点をあてた展覧会です。

詳細を見る

菱田春草《竹に猫》1900年

2021年4月10日(土) - 5月30日(日)

特別企画展「MINIATURE LIFE展 2021 ―田中達也 見立ての世界― 」

日常をとりまく様々なもので、ユーモアたっぷりの小さな"見立ての世界"を次々と創り出す田中達也。海外ファンも多く、インスタグラムのフォロワー数は、なんと270万人を超える人気。2011年から一日も休むことなくインターネット上で作品を発表し続けてきた田中の活動は、2021年春、10周年を迎えます。本展では、これまでの作品の中から選りすぐりの写真作品と立体作品あわせて約150点を展示。いつもと違う視点で日常が豊かに変化する、ミニチュア・アートの世界へようこそ!

【同時開催】水野コレクション 絵の中の動物たち

詳細を見る

《甘島》
©Tatsuya Tanaka

2021年6月12日(土) - 7月25日(日)

水野コレクション「眺める日本画 ―玉堂のみた建物・元宋が描く風景」

各地の建物や風景に注目する展覧会。川合玉堂が描く山間の日本家屋や、奥田元宋の赤く染まった錦秋の山々など、旅先の光景を眺めるような気分に浸っていただけたら幸いです。

詳細を見る

奥田元宋《上高地》1970年

2021年8月7日(土) - 9月26日(日)

特別企画展「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」

長野に琳派がやってくる―。日本古来の美意識に豊かな装飾性を加えた作風で、国内外から高い人気を集める「琳派」。本展は、近代に琳派を復興させ、画家のみならず図案家やデザイナーとして多彩に活躍した京都のマルチアーティスト・神坂雪佳の展覧会です。俵屋宗達や尾形光琳を はじめ、江戸時代に花開いた琳派の潮流を辿るとともに、雪佳が生み出した多彩な絵画や工芸品の数々をご堪能ください。

※会期中、一部展示替えあり

【同時開催】水野コレクション 自然のかたち

詳細を見る

『百々世草』より「狗児」
1909 - 1910年
細見美術館蔵
(9/7 - 9/26展示)

2021年10月9日(土) - 12月12日(日)

水野コレクション「没後110周年記念 菱田春草と画壇の挑戦者たち ―大観、観山、その後の日本画」

今年、没110年を迎える菱田春草を中心に、同時代あるいはその後の画壇を切り拓いた日本美術院系の画家(チャレンジャー)たちの表現に注目します。

※会期中、一部展示替えあり
(前期:10/9 - 11/7、後期:11/9 - 12/12)

※この会期中に横山大観《無我》を展示します。


菱田春草《月下狐》1899年

2022年1月2日(日) - 3月21日(月・祝)

水野コレクション「人を描く ―橋本雅邦から高山辰雄まで」

人の何気ないしぐさや表情をとらえた人物画の魅力をご紹介します。東洋の歴史人物像や麗しい美人画など、近現代の日本画家が描く多彩な人物表現をお楽しみください。


橋本雅邦《寒山拾得》1894年頃
このページのトップへ

サイトマップ